14歳でくらったアメリカが全ての始まりかと。 96アメリカ#01

America1996

オリジナルアーカイブを作成するにあたり、まずざっくりと旅好き、自然好き、写真や映像、規格外な構図への興味を持つきっかけとなった初めてのアメリカ旅行からスタートしたいと思います。96アメリカ全4話

何もわからずアメリカへ

1996年、中学2年の夏休み。ありがたいことに母と二人でアメリカへ旅行することになった。詳しい経緯は聞いていないが、地元が横須賀ということもあり、仲良くなったアメリカ人ファミリーの家を訪ずれ2週間ほどお世話になることに!そこでサッカーのことしか考えてなっかった14の私は、その2週間でU.S.Aを体全体でどっぷりと味わうことになるのである。

Minneapolis

ミネアポリス・セントポール国際空港に着陸!

行き先はミネソタ州!どこ!?という感じかもしれませんが、この場所がまた渋いし、初渡米がここでよかった。ただなぜか成田空港で飛行機に乗るまでの記憶はあるが、搭乗中からファミリーの家に到着までの記憶がない。どんな再会?どんな空港だたかも覚えていない。何をしてたんだ私は?

はっきりと覚えているのは、お世話になったファミリーの家に車で到着する寸前からだ。家々の並び方、道路の感じ、芝の感じ、ちょっとしたフェンスの感じ、玄関の雰囲気、これぞアメリカ、今でもはっきりと記憶している。

到着後、荷物を部屋に運ぶのだが靴を履いたまま家中を歩いたあの感触は忘れられない。荷物を運び終えるやいなや庭に案内されどデカいワンちゃんとも対面。ファミリー家滞在中は、彼を相手にドリブル特訓が日々行われたのであった。庭にはハンモックもありよく包まらしてももらった。アメリカ式ベッド?(非常に高さがあったことを記憶しているが)も体感し、見事に1度落っこちたのも良き思い出となっている。

ミシシッピ川の源流へ (Mississippi Headwaters)

Mississippi River Headwater

ミネソタ州北部のイタスカ州立公園内にあるイタスカ湖へも連れて行ってもらいました。そこにはミシシッピ川の源流が!勝手に源流は深く流れが強く近づくのも大変とイメージしていましたが、まぁ〜入れる入れる触れれる遊べる、貴重な体験でした。

もともと地元にも山があり海もあるので自然もアドベンチャーも好きでしたが、ここで受けたなにか似てるんだけど全然違う(空気感、石や植物、水の流れなど)それぞれの魅力のようなものを体で感じていた気がします。

ミネアポリス彫刻公園 (Minneapolis Sculpture Garden)

Minneapolis Sculpture Garden

彫刻の森は知っていましたが、ミネアポリス彫刻公園やられましたー!何よスプーンとさくらんぼって!なんなのこのサイズ!規格外!自由!素晴らしい。

旅の醍醐味のひとつに「お〜〜〜!」っと興奮する瞬間との出会いがあると思います。まさにそんな瞬間でしたね〜!

長くなってしまったので・アメリカのモール体験(買ったものは!?) ・サウスダコタのバッドランズ&ラシュモア山は、次回書いていきます!また読んでいただけたら幸いです!

余談:

渡米前の初めての成田空港で、プロレスラーのTHE ROAD WARRIORSに遭遇!二の腕の太さと胸筋に大興奮!大事な記憶がしばらく飛んだのはこの衝撃のせいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です