ドイツ・デュッセルドルフで最高の夕日をタイムラップス撮影!

ドイツのデュッセルドルフ

初のヨーロッパ  ドイツ7日間の旅 第一話

成田空港から久々のロングフライトで約12時間、今回のドイツ旅の拠点となるデュッセルドルフへ向け出発。機内での熟睡を成功さすべく初めて機内用枕を購入し効果のほどを期待し搭乗してみました!

結果は!!! 特にいつもと変わらずでした!悲。残念!自分には限界まで映画を見続け、ちょっと仮眠をとる流れが合ってるようです。イヤホンは持参していったほうが快適になるかと。

デュッセルドルフ空港到着

夕方18時頃、デュッセルドルフ空港に到着。ここで旅の最重要人物、クリエイター(現地コーディネーターもしてもらいました。) アツシと再会。興奮冷めやらぬ中、ひとまずアパートへ。談笑しながらお土産やらカメラやら荷物を整理。さらに歯を磨きリフレッシュ。

休憩後、夕食と街の紹介も兼ねて初ヨーロッパのドイツを体感しに外出。緑に囲まれた最高なアパートを一歩出るや海外独特の香りが一気に体にぶつかってきました!この香り!!!まさにオレゴン!でした。笑 自分でも驚きましたが、緑が多く夏から秋に変わるこのタイミングだからなのか、大好きなオレゴンの町の香りが蘇りました。ドイツに対し最高のファーストコンタクトとなりました。(※オレゴンについてはまたじっくり書きます。)

旅の拠点となったデュッセルドルフ

この贅沢な歩道、バイクレーン、そして巨木に落ち葉の感じと路駐!最高です。ここから電車に乗って10分ほどで街中へ到着しちゃいます。なんて素晴らしい環境!

Heinrich-Heine-Allee

中心市街地(シュタットミッテ)と旧市街(アルトシュタット)のどちらにもアクセスが良いハインリッヒ・ハイネ・アレー駅から街ブラ歩きをスタート。

Düsseldorf001

ハインリッヒ・ハイネ・アレー駅からケーニッヒスアレー方面へ進むとデパートやショッピングモールにアパレルなどがひしめくショッピングエリアですね。

Düsseldorf003

デパートやモールはまたにして、一先ずストリートを一直線に進んで街ブラ観光。BIOスーパーや行きたかったケバブ屋さんBABA GREENも発見。明日も来そうなので場所を把握しときました。ある程度行ったところで地下鉄に乗り今度は旧市街地方面へ向かいました。

Düsseldorf004

こちらはライン川方面にある旧市街(アルトシュタット)です。ドイツといえばビール!バーや食事処、専門店などが各ストリートにありました。建築物も魅力的で歩いてるだけで心踊る、また道となる石の感じもたまりません。

Düsseldorf002世界一長いバーカウンターと呼ばれているエリア?なのかな、とにかくみなさん至る所でビール片手に愉しい時間を過ごされてます。はい!わたくし酒飲めません

Düsseldorf005

ライン川沿いでHDR撮影。

ライン川沿いの広場”Burgplatz”から見た夕日はなんとも印象的でした。夕日と雲の動きを短いですがタイムラップス撮影したのでまとめて完成次第貼り付けたいと思います。

Düsseldorf006

HDR撮影した画像。

ライン川とストリートミュージシャンと和む人々とドイツの建物。

Düsseldorf007

レバノン料理で夕食。

街散策後、夕食へ。ドイツに到着したばかりということもありドイツ料理は万全態勢で明日頂くことに、そこで旧市街を歩きながら食事探し、イタリアン、トルコ、ベトナム、なんでもありすぎて選べない。街の雰囲気を満喫中で私、選ぶ気もない感じ。笑 そんな中、「ここにするか。」「いいんじゃん。」これからの流れを考慮した結果、全会一致で選んだのがレバノン料理でした。

Düsseldorf008

Libanon Exclusive Restaurant

軽く食べて足りなかったら色々回ろうと話してましたが、なんだか結構ガッツリ行っちゃいました。薄手で若干パリッともしている生地?が何にでも合い病みつきになるうまさでした。

Düsseldorf009

Heinrich-Heine-Allee

心地よい夜風を感じながらカメラ片手に撮影しながら駅へ。実際は秋の訪れを感じるくらいの寒さもまじる風でしたが、街の雰囲気と川や緑が合間って良き時間となりました。

夕方からの散策でしたが、夜21時くらいまで明るかったので十分街を把握しながら楽しむことができた初日でした。デュッセルドルフの映像はでき次第載せますのでお待ちください。

 

※デュッセルドルフで驚いたこと『駅に改札がない!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です