海外にいることを実感したセントポール記 96アメリカ#02

スペリオル湖

日本でも似たような写真を撮てきた記憶はありますが大きな違いがひとつ!何が違うってここは湖!アメリカ五大湖の一つ”スペリオル湖”です。ミネソタ州から眺めたのですが、まぁ〜見たまんま海です。規格外。ウィスコンシン州とミシガン州さらにはカナダのオンタリオ州にも接しているそうです!

セントポール (St. Poul)

ミネソタ滞在中の拠点となったのはセントポール。ミネアポリスに次ぐ州第2の都市、空港もここにあります。前回書した通りここで14の私はアメリカを存分に体感したのですが、今回は日常生活で出会った2つのカルチャーショックを書きます。

1 “スーパー”

ここで衝撃を受けたのは云うまでもなくサイズ!そして色とデザインです!まずチョコクリスピーを日本で食べていたので気づいたシリアルの箱、袋のでかさ!言い過ぎかもしれないが3倍くらいデカイ印象だった。大きさ以外にもはっきりとした色使いのパッケージデザインたちは今でも脳裏に焼き付いている。 他にも、ま紫の丸いケースの中にセロテープのように丸まって入ってるガムのヤツとか、一体板ガム何枚分あったんだ? 野球選手のイラストが紙袋?に描かれてるガムのやつとか、短いそばのようなガムを摘んで喰らった記憶が! 真っ赤で広げると薄い正方形のソフトキャンディで絵柄を抜きながら食べれるやつとか、、、ほとんどお菓子コーナーの記憶しかなくすいません。

衝撃的なサイズ、色、味に出会いすぎてしまい、味覚の幅が広がったのか中3の部活帰りにはクラシックじゃないコラを片手にドンタコスを躊躇なく美味しく食くせるようになっていました。

アメリカのスーパーより

スイカと共に写っているがここは記憶に残っていない。。。

2つ目は”テレビ”です。

渡米中の96年夏には、アトランタオリンピックが開催されていました。夕食後アイスを食べながらのテレビ観戦がスタート!!!っが、お応援モード全開のこちらを他所に人生初の状況に直面!当たり前といえば当たり前なのですが、ぜんじぇん日本選手が映らにゃい。一瞬でも映る選手の姿を見逃さんとテレビを凝視していたことを覚えています。

日本との違い、海外に居ることを実感した貴重な出来事でした。

 

※ベストアイスクリームとの出会い

パンケーケやら色々なスウィーツをいただきましたが、黒色のしっとりクッキーみたいなのでバニラアイスを挿んだアイスが最高でした。商品名がわかりませんが!今でもアメリカのアイスの味はこれです。久々に食べたい。

次回、ミネアポリスとブルーミントンあたりのことを書ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です