HOMEABOUTWORKSTOREEXPLORETWITTERBLOGLINKCONTACT

映画「スタンドバイミー」のロケ地を求めオレゴン州へ! 2005年

□ 撮影地を求めアメリカのオレゴン州へ!その時の模様です。 (※画像は、2005年に訪問した時のものです。現在とは異なるところもあると思いますが参考になればと。) 又、新しいことが分かり次第、内容も書き足していけたらと思います。

スタンドビミーロケ地へ

■ CastleRockことBrownsvilleへのアクセスマップを作ってみました。

 小さな町なのでゆっくり探しましょう。
実際に行ったとき、一度通り過ぎてしまいました〜ので! 舞台となっている町キャッスルロックは、アメリカはオレゴン州にあるブラウンズビル(Brownsville)。
ポートランドからI-5を南へ南へ、車で2時間位だと思います。

INTERSTATE 5
1.町ブロンズビルへ!
ポートランドから車でI-5 (INTERSTATE 5)を南へ南へ2時間程。
「Brownsville」への標識が出てきます。出口番号EXIT 216を降りましょう。

ブロンズビル
2. ブロンズビルメインストリート!
I-5の Exit 216を出ましたら、228(Halsey Sweet Home Hwy)を東へ5〜6km程走行。 すると左手にDari Martの看板が見えると思います、 お店に沿って左折すると、そこはもう町のMain Streetです!

historicbrownsvill 3. ミュージアムへ
車を止めて町をお散歩! ミュージアムを訪れると歴史も学べてStand By Me Tour Mapがゲットできます。
 サイトhistoricbrownsvill.comでも見れます、町の紹介やロケ地についての情報などもたくさん掲載されています!

Stand by Me ツアーマップ

tree house 4.マップを見ながらツアー開始!
・Tree House・
写真の奥に見えている木がTREE HOUSE本体。基地は残っていませんでしたが、感動と興奮がとまりません。周りにはパーツらしき木々がありました。少し町の開発が進んでいるような雰囲気がしました、ファンとしては、木は残しておいていただきたい!

main street ・ブロンズビル・
町のメインストリートを歩く!
 Main Streetの橋から突き当たりまで歩けばも〜いくつもの撮影現場を確認できます!ゴーディの登場シーンやバーンが1セント拾うとこ、テディーの家やエース登場の場所などなど!!場面がよみがえります。
 色や外観が印象的だった突き当たりの建物の2階がメーソンロッジだったとは全く気づかなかった、今写真を見返していて気づきました。

Blue Point Diner ・ガンシーン・
裏路地を歩いて「ジーザス!」の場所に!Blue Point Diner Door 。壁に穴が開いていたので、そこを狙ってる感じで一枚撮影。
 画像下は、ゴーディとクリスが走り去る路地。雰囲気そのまんまでたまりません!

路地

エース登場 □ エース登場 (&アイボール)
お店から出て来たエース(キーファー・サザーランド)がゴーディーの帽子をナイスタイミングで奪い、クリスともめるシーンで登場。メインストリートにあります!ヤンキースキャップ持参もありかと!!

PIE EATING CONTEST □ パイ食い競争
一度見たら一生忘れないシーン「PIE EATING CONTEST」!の会場!?
場所を少し移してPioneer Parkへ。広々した公園で、たぶんここにセットを組んで撮影したのだろうと勝手に判断し撮影!調べてみると2007年にパイ食いコンテストを開催したようで、、会場も立派。新たに建てたのでしょうか?あったかな?訪れた時にはなかったと思います。30周年で開催されれば行きたい!

ゴーディズハウス □ ゴーディ家
この家のお隣にもう一軒あり、どちらも似ていて、そちらが本家ではないかと?確認できませんでした、っがGordie`s momが洗濯物を干しているシーンが甦るきれいな芝生の庭が広がっていました。

エースの家? □ バーン家?
バーンが兄の話を盗み聞きしてしまうVern`s House。
(画像:上) バーンの家。 (画像:下) この前に建つ家の方が雰囲気が似ているような!? 主のおじさんに聞いて見ましたが、現場は写真上の家とのこと、 どうやら改築してしまった模様!?

 調べてビックリ、2005年のマップではバーンの家となっているが、現在のTour Map では、エースの家になっている〜!!Vernの家はFranklin Road Franklin,ORになってる!どうやら情報に変更が? 映画を見るとエースたちが釣りの道具を持ってレイブラワを探しに行く時の家の窓枠が下の画像の家とそっくり、こっちがエースの家かな?また行かないとわからんな〜。行きたい!

バーンの家?



■ DUNSMUIR訪問 (CALIFORNIA)

モスブレーの滝へ
・線路を歩くシーンで使われた場所へ!&モスブレーの滝!
※ここでは、Mt. Shasta方面(北)からI-5を南に下ってきた時の行き方です。
マウント・シャスタからI-5を南へ6miles(10km)位の場所Dunsmuir。

※サンフランシスコやロサンゼルスから北上されてくる場合には、少しだけ行き方が異なると思います。 南から訪れたことはありませんが、出口番号は同じEXIT 730で良いでしょう。 そこからDunsmuir Aveを探し(出口突き当りにあるかと)北上して行けば同じ道に合流し、滝への道(駐車場)へ続くCave St.も出現です。

(*写真は、町マウント・シャスタ)

シャスタ山 1.町への行き方
ネイティブアメリカンの聖地&パワースポットとしても知られるシャスタ山があるMt Shastaより車でI-5 (INTERSTATE 5)を南へ10km程。
出口番号はEXIT 730(Central Dunsmuir)。

Walking 2. メインの道- Dunsmuir Ave -をゆく!
I-5 Exit 730を出ましたら、突き当りを右折
Dunsmuir Aveです。

3. Dunsmuir Ave から Scarlet Way(Cave St.)へ!
Dunsmuir Aveを直進すると左手にCave St.への入り口があります。 Cave St.を進み、小さな橋を渡った所が駐車場です。

train comes 4. 線路を歩く。
車を駐車したらいざ歩きましょう!
※注) 列車運行してますので十分注意して歩きましょう。
2mailほど線路を歩いていくとモスブレーの滝に辿り着きます!

目印は鉄橋 5. 目印は鉄橋
鉄橋を目印に進んで行きましょう。鉄橋が見えたら右手の方に下れそうな道があります、見つけて下りましょう!

モスブレーの滝 6. モスブレーの滝到着


・鉄橋・
「トレ〜イ〜ン!」の撮影地には行けなかったんですが、(※違う橋で大はしゃぎしておりました...! ) 調べて見たら、シャスタからHwy89を走行、McCloudを通りLake Brittonを目指す。湖到着目前で登場のEagle Mountain Lnを進むと到着!町シャスタからは、約50Mile!
 ブリットン湖近くにあるMcArthur Burney FallsMemorial State Parkもすごく良さそう〜。



■ Cottage Grove訪問 (OREGON)

Dorena Lake
□ Dorena Lake
夜通し歩いてキャッスルロックに戻ってくるシーンで登場のドレナ湖!コテージグローブからRow River Rdを走行すること30分くらいだったかと。画像はHarms Parkからの撮影。

□ ROW RIVER TRAIL Mosby Creek Trailhead
行けなかったんですが〜!!4人が歩き始める場所もあります!地図で見てみると、コテージグローブとドレナ湖の間くらいにあります。I-5を中心に見て、East側にあるMosby Creek Rdを走行し、Mosby Ranch Rdが出現したら左折です。町からは10分ほどかと。

Covered Bridge
□ Covered Bridge
ロケ地ではありませんが、コテージグローブは屋根付きの橋で有名らしく6つ?あるそうです。ドレナ湖をちょうど越えたあたりにDorena Bridgeが!車で通り抜けれました!っが、すぐに折り返しに!でも貴重な体験でした!!

 コテージグローブでのロケ地を見る流れとしては、町からROW RIVER TRAIL Mosby Creek Trailheadへ向かい、4人のスタート地点を見る。そしてMosby Ranch RdとRow River Rdを走行してDorena Lake - Harms Parkへ。時間があれば湖をさらに進みCovered Bridgeを行く!と流れがよさそうです。









□ 日本

奥多摩(おくたま)
四谷千枚田(よつやせんまいだ)
獅子岩(ししいわ)
千畳敷(せんじょうじき)

□ Oregon

The Goonies Trip
Stand By Me Trip

HOME | ABOUT | WORK | STORE | EXPLORE | TWITTER | BLOG | LINK | CONTACT


fotterimage
Copyright (C) 2009 DAYBREAK STUDIO ALL Rights Reserved.